レース展開を確認するやり方

レース展開というのは「レースがどのような流れで進むか」を現した競艇予想における用語であり、スタートの隊形や第1ターンマークでの攻防を予想します。
具体的には「追い風で1コースが堅く逃げ切る」「この選手はチルト角度を上げてまくりを狙ってくる」といった予想をすることであり、的中率を上げるためには重要な要素となります。
では、その具体的な予想はどのように行えば良いのでしょうか。

進入隊形を確認

競艇は1号艇が1コースから必ず出発するわけではなく、はじめにピットアウトした後にコース取りが行われます。
まずは予想するレースが枠なり進入なのか、前付けが行われるのかを判断しましょう。
基本的には枠なり進入することが多いですが、選手によっては前付け(自分の枠番よりもインのコース取りを行うこと)を積極的にする選手もいます。
そのためスタート展示を確認して進入隊形を予想しましょう。
スタート展示で行われた進入隊形は本番と同じになる可能性が高いです。

ピット離れを確認

ピット離れとは、ピットに待機しているボートが、出走の合図とともに発信する時のことで、これが素早くできた場合は「ピット離れが良い」と言い、ピット離れが悪いと、好きなコースや有利なコースが取りづらくなります。
これはたまたま成功することもあるため、スタート展示だけでは判断できない要素です。
選手やモーターを長期的にチェックしてピット離れの良し悪しを判断していきましょう。

スタートタイミングを確認

スタートタイミングは「スタート時刻の何秒後にそれぞれの選手がスタートしたのか」を指します。
もちろんスタートが早ければ早いほど、レースを有利に運ぶことができます。
的中率を上げるにはスタートタイミングが早い選手を候補に入れましょう。
しかし、その際に注意したいのが、過去のフライングです。
過去にフライングをしていると、またフライングしないように慎重なスタートを切ることがあります。
そうなれば、いつもは早くても今回は控えめということもあるため、フライング歴はチェックしておきましょう。

予想
選手・モーター・コース・レース展開で競艇予想のやり方を知る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました